写真屋さんコラム

デジカメ(デジタルカメラ)で綺麗な写真をとるためには

要素

1: 適正露出
2: ピント(焦点)
3: 手ぶれ

1:適正露出

撮影された写真が普通に見て自然な明るさ・色彩で表現される露出をいう。

適正露出

*適正露出は多少、個人差または写真の内容等によって変化します。

露出とは撮像素子(CCD・CMOS) やフィルムに光をあてることです。
そして、現在のカメラでは通常、光の量の調整は、レンズの絞りで行い。
シャッターの開閉で光の入ってくる時間を調整します。

つまり、適正な光量を得るために "一度に入る光の量" と "時間" とで調整します。

太陽(特に晴天時)など光源の位置により、以下のように分類されます。
(カメラの設定が自動露出になっている場合)

条件 解説 対策
逆光 太陽(光源)の方向にカメラが向いている状態、またはそれに近い状況。被写体(人物など)が暗く写ります。 1:フラッシュの強制発光をおすすめします。

2:露出補正(カメラの適正露出を+側に)
※露出補正の機能が備わっていないカメラもあります。
半逆光 太陽(光源)の位置が斜め前方・トップライト(真上)など。被写体(人物など)が暗く写ります。
順光 太陽(光源)の位置がカメラ(撮影者)の後方。基本的には良い条件ですが あまり被写体に光が強く当たっている場合は白く(明るく)なりすぎるので要注意です。また、光が強く反射している部分がある場合も注意が必要となります。 避けられたほうが賢明です。

*逆光・半逆光の場合は、日中でもストロボ(フラッシュ)の強制発光をおすすめします。

ストロボ発光

2:ピント

合っていない部分は "ボケ" ます。(レンズの絞りの状態や受光素子の大きさなどにより変化)

オートフォーカス(自動焦点) カメラが自動的に合わせる。
固定焦点 全部にピントが合う。(多少無理が生じる。)
マニュアルフォーカス 自分でピント(焦点)をあわせる。

3:手ぶれ

特にシャッタースピードに関係します。(暗いところではシャッタースピードが遅くなりブレ易い。)

手ブレ補正の機能が備わっている機種も有りますが小型のカメラなどの場合は手を伸ばした状態での撮影になるので注意が必要です。

ご注文
ご注文トラブル解決!ご注文が上手く出来ない!という方はこちら
四季彩写真館 写真用語集
店舗紹介
store photo

田端本店

東京都北区田端2-1-18
03-5832-9017

google map
ページトップへ戻る